Skip to content

关于公园

县立权门堂公园利用了作为赏樱胜地而广受欢迎的幸手权门堂樱花堤的水边空间、以及毗邻的权门堂水库。
埼玉县正在推进发展、目标是成为「作为休闲基地和与水互动的地方的公园」。

这个公园由四个公园组成,每个公园都有自己的特色。
1号公园是多功能运动广场,3号公园是历史文化绿地,4号公园是佐手权堂樱津,2号公园是休闲娱乐

多功能运动广场(1号公园)

多功能运动广场(第1公园)位于县立权门堂公园的最北端,位于横跨幸手市和久喜市(旧栗桥町)的区域内。

于2011年4月全面开放的公园内,设有可享受青少年棒球和地面高尔夫的球赛广场、带草坪的多功能广场、大型帆船等游乐设施。
假期里挤满了许多带着孩子的家庭。

收费设施(球赛广场)

  • 整个表面
    1,280日元
    ・青少年棒球
    ・垒球
    ・地面高尔夫
    ・男孩足球
    ・运动休闲
  • 一半
    640日元
    ・地面高尔夫
    ・运动休闲
  • 1/4边
    320日元
    ・地面高尔夫
    ・运动休闲

※使用时间为每小时。
・棒球、垒球、足球请使用整个区域。
・在县外有地址的人的使用费为上述金额的50/100。
・《关于减少残疾人公共设施使用费和使用费的条例(埼玉县令 1983 年第 8 号)》和《残疾人公共设施使用费和使用费》适用时条例实施条例(1983年埼玉县令第32号)使用,被免除。 “适用人”是指“身体残疾证、康复证或精神残疾证持有人及一名看护人”。
・国家或地方政府出资的项目可以豁免。
・如果用于国家或地方政府共同发起的项目,可以使用表中所示金额的一半。
・由地方政府运营的执行委员会赞助的项目可以豁免。
・由学校教育法规定的学校和儿童福利法规定的儿童福利设施举办的活动,可以是表中金额的半价。
・在大众媒体(报纸、电视、广播、出版物、通讯信息服务等)中,如果被认为有助于推广权道公园,则可以豁免使用。

如何申请

・从使用日期前一个月的第一天开始接受预订。
・请向权道公园管理事务所(第一公园)申请。
・受理时间与营业时间相同。
・请在使用当日在管理办公室的前台以现金支付使用费。

休闲公园(2号公园)

2号公园计划于2022年10月16日开放,是一个休闲公园,北侧有一个日间露营地,有洗漱设施,南侧有两个基地,有四个大型游乐设备,供家庭和团体放松身心。祝你有美好的一天。
此外,作为防灾公园,设有直升机场和8个长椅,是发生灾害时的避难场所。

2号公园于2022年10月16日开放,是一个休闲公园,北侧有一个日间露营地,有洗漱设施,南侧有两个基地,有四个大型游乐设备,供家庭和团体放松身心。祝你有美好的一天。
此外,作为防灾公园,设有直升机场和8个长椅,是发生灾害时的避难场所。

万叶公园(第三公园)

这是一个以“有历史和文化的万叶公园”为主题的绿色公园。
请在欣赏梅花、三叶草、紫藤袴等万叶花的同时放松身心。

幸手权门堂樱住(4号公园)

幸手权门堂樱住是关东著名的赏樱胜地,全长约1,000株吉野樱花盛开1公里。
此外,六月的七彩绣球花、九月的鲜红文殊(丛枝孤挺花)、一月约50万株俏丽的白水仙,正处于盛产期。
目前,我们正专注于吉野樱花树的长寿命措施和种植河津樱花树。

樱花节

在权门堂樱住,每年春天的 3 月下旬至 4 月上旬都会举办樱花节。

每年的这个时候,权门堂樱住的樱花隧道的淡粉色和油菜花的黄色形成了奇妙的对比。
岸边也开设了物产店,挤满了许多赏樱的游客。

绣球花节

权门堂樱住以其樱花而闻名,但志愿者们以“即使在樱花季节结束后也能四季开花”的想法种植了绣球花。

现在有100种约10,000株的绣球花,为权现道6月的樱花增添了色彩。
请欣赏在雨中湿润绽放的绣球花,与华丽的樱花不同的美丽。

文殊节

从 9 月到 10 月,权门堂樱花都变成了鲜红色。

自 2000 年起,我们种植了红蜘蛛百合,希望它能成为除樱花之外的季节性花卉。

红蜘蛛百合也被称为簇孤挺花,因为它在秋分周开花。 如果有的话,簇孤挺花这个名字可能更熟悉。

随着秋天的到来,红蜘蛛百合开满了岸边。
在市民志愿者的精心培育下,人数现已增至约300万人。 在绿色植物中盛开的红蜘蛛百合,真是一个治愈的空间。

水仙节

NPO幸手权门堂樱津见保护协会的成员们精心种植和培育了它们。

请来看看在寒冷的冬天里端庄地绽放的可爱的白水仙。

権現堂の歴史

天正4年(1576年)に初めて権現堂堤が築かれました。
しかし、権現堂堤はすべてが同時期に築堤されたのではなく、河川流路の締め切りやそれに伴う築堤により、部分的に作られていったものが、後に、つながり権現堂堤になったとされています。

このためには、庄内川の締め切りや旧渡良瀬川流路締め切り、同年に築堤された権現堂村の堤など段階的に行われた河川の締め切りから、権現堂堤や権現堂川の成立がうかがわれます。

この権現堂川は、暴れ河川としても知られ、宝永元年(1704年)に、権現堂堤が始めて切れてより、幾度も決壊し、ここが切れると、遠く江戸まで害が及ぶと言われ、大切に管理されていました。

天明6年(1786年)権現堂堤木立村の波堤により、濁流に飲み込まれた村人は、銀杏の大木にすがり避難したが、それも根こそぎ流され平野村の須賀間に流れ着き、無残にも75名という流死者が出ました。現在でもそのときの犠牲者の供養が行われています。

また、享和2年(1802年)権現堂の月の輪堤部分が決壊したときに、権現堂村では、80軒の民家が流される被害が出ました。母娘の順礼の悲話はこのときのものとされております。

文政9年(1826年)度重なる堤の決壊に困り、堤の補強に、上宇和田村から松石村に至る権現堂堤に松の苗木1,300本が植えましたが根づかず、何度か試みましたが結局失敗に終わりました。

このころになると、堤の管理が甘くなり、天保3年(1832年)ころには、堤通りへ竹や木が植えられ雑木林の様になり、また、屋敷の様に堤を囲い、家作や荷 蔵を造作し、川岸場の便利に利用したり、作付けのための小段とその他を掘り返し、苗木を植え付けたり、野菜などの栽培もするようになりました。

この後、時代は江戸から明治へと移り変わり、明治9年6月4日に明治天皇の東北巡幸の際に築堤工事を閲覧するため、権現堂堤の上にかごを止めさせ、金100 円が下賜された。村の人々がこのお礼に、堤の名を行幸堤としたい旨を奏上し許しを得た。また巡幸を記念して、この周辺を行幸村と称するようにした。

この頃、権現堂堤周辺は、見渡す限り平野で、堤上からは西に富士山、東に筑波と眺めがよく、大正6年に刊行された後上辰雄氏によれば、権現堂堤の風光として 次のように記しています。「春は若草のしとね青きを素足に心地快くふむで、眼下一面黄金と光る油菜の花をながめながら蝶と戯れスミレ・タンポポ・ツクシ等 と摘み草に一日の暮れるのを忘れるだらう」

このように、権現堂堤は、遠い昔より人々の想いの場所として親しまれてきました。度重なる水害にもめげず、そのつどに修復を行い権現堂堤とともに人々は暮らしてきました。

大正5年には、巣元の桜が植えられ、これを機に大正9年には、3,000本の桜の苗木が6kmにもおよび植えられました。
しかし、時代の流れとともに大正14年には、権現堂川栗橋流頭付近が締め切られ、昭和2年には、権現堂川が関宿において、突き止められてしまい、廃川の一途をたどるようになりました。

昭和4年には、東武鉄道幸手駅の開設により、それまで周辺住民の生活を支えていた船運も衰退していくようになりました。
悲しい事に、昭和20年の敗戦により、権現堂堤の桜は燃料として伐採されてしまいましたが、元の桜堤にしたいとの思いで、昭和24年に3,000本の桜の苗木が植えられ、その中の約1,000本が現在残っております。

大正9年

権現堂(行幸)堤に桜の植樹が行われた。3,000本、長さ6km。当時の事は国民新聞(大正9年11月25日付け)に紹介される

大正10年

権現堂川では、舟運が盛んに行われ、大正から昭和初期にかけて三十石積みの荷船から百三十石積みの高瀬舟まで総数三十艘もの船があり、物資の集積・集散の拠点として栄えた。

大正11年

大正9年に植えられた桜に花もつき、堤上からは富士山や筑波山を眺める事ができ、春にはそよ風に揺れる油菜や若草の中に安らぎを求めて人々が集まり花見をするようになる。

大正13年

権現堂堤の桜も各地に紹介され、脚光を浴びるようになり、露店や屋台も軒を連ね、多くの人手があり賑やかになる。

大正14年

権現堂堤の桜を見ようと周辺各地から多数の人手があり、中には東京より江戸川を船で上り、花見に来る客もいた。

昭和3年

桜の花も見事に咲き、露店も数多く並び祭りの賑やかさが伺うことができる。

昭和7年

露天商も軒を連ね、小屋がけをし芝居などの興行も行われた。幸手の町中には検番があり芸者を呼ぶ人たちもいた。
この頃には、東武線浅草駅から幸手駅まで臨時電車が出た。

昭和4年

東京日日新聞 幸手権現堂(行幸)堤の桜まつりを紹介。
東武線幸手駅開設 そこぬけ屋台を引き回し、桜堤にくり出す。

昭和7年

露天商も軒を連ね、小屋がけをし芝居などの興行も行われた。幸手の町中には検番があり芸者を呼ぶ人たちもいた。
この頃には、東武線浅草駅から幸手駅まで臨時電車が出た。

昭和8年

幸手青年団 権現堂(行幸)堤 観桜事業を行う。
救護、交通整理、観桜客の便宜、湯茶の接待等
(手当て・日当四十銭、幸手町補助金・百円、商工会補助金・十円、茶菓子代・一日五銭)
(打ち上げ・自転車旅行 筑波山 雨引観音 笠間稲荷神社)

昭和10年

栗橋より西関宿にいたる桜堤 東京市 緑地区域に予定される。
幸手町青年団 花見の際交通整理・清掃などを行う。

昭和15年

周辺各地には、製糸工場などが多く、桜の季節には工場の小旅行として幸手駅より桜堤まで行列ができた。

昭和18年

戦争中でも当地では花見は実施していた。

昭和20年

戦後米軍の幸手進駐にて桜を伐採する。
(燃料として全戸に配給)

昭和24年

桜の植栽を始める。幸手町長栗田亀造氏、公民館職員など。
(3,000本の苗木を国道4号線から県道にかけて約1kmの堤に植えられる。現在約1,000本が残っている。)

昭和26年

幸手町保勝会によって各種行事を計画、実施した。ハイキングコースの設定・桜堤開き・演芸会・演奏会・舞踏大会など。

昭和28年

埼玉新聞が行った「県下“観光50選”」に推薦され、30選に入選した。これを機会に保勝会が桜60本を増殖。

昭和29年

埼玉新聞主催「県下桜コンクール」第4位、東関脇に。

昭和30年

雪洞(ぼんぼり)に電灯を点けたため夜桜の鑑賞も。また、観光協会が設立された。会長 殿塚町長、副会長 中村昌功会長

昭和32年

全日本写真連盟・朝日新聞浦和支局共催の写真撮影会を実施。

昭和34年

郷土芸能の公開も行われる。川崎の囃子と面神楽・千塚の手踊り・一ッ谷の飴屋踊り・関宿囃子など。

昭和39年

幸手青年団によりバンド演奏も行われお花見の人出も増した。

昭和40年

民謡踊り大会チンドン屋大会、写生大会、俳句大会、撮影大会、素人のど自慢大会、ヘラブナ釣り大会、川柳大会、素人演芸大会、大演芸会等の各種の行事が行われた。

昭和45年

桜の花は最高、しかし、人出は最低。地元の人が大宮、野田、上野方面に花見に出かけるので、観光協会では権現堂堤の桜の宣伝に力を入れた。

昭和58年

行幸堤・権現堂堤が幸手町指定文化財(名勝)となる。

昭和59年

観光協会によって「さくら娘コンテスト」が行われる。

昭和62年

北公民館オープン。「さくら娘コンテスト」は「ミスさくらコンテスト」に。

昭和63年

周辺農地に菜の花を作付け。19,000平方メートル(約19反)

平成6年

幸手市で”桜10万本”運動を開始。

平成8年

あじさいの苗を植え始める。

平成12年

第12回”桜サミット”が幸手市で開催される。

平成13年

第1回あじさい祭り開催。

平成18年

第1回曼殊沙華まつり開催。

平成20年

県営「権現堂公園」となる。

平成22年

第1回水仙まつり開催。

平成25年

ヤクシマヤギの飼育を開始。

平成26年

河津桜の植樹を開始。

令和元年

第27回”桜サミット”が幸手市で開催される。